ZakiRider-徒然ツーリング日記-

気づいたらバイクに乗っていた

【バイク装備】初めてFIVEのグローブ [ RS3 ] を購入、中華グローブとの違い

梅雨が明けて、夏のバイクシーズンに突入しますが、ライダーの皆さんはどうでしょうか?
自分は、夏季休暇も取れず、コロナも第2波が来ていて、普段の買い物以外どこにも行けていないの現状です。

 

そんな中、7月上旬に購入したバイクグローブのFIVEを購入しました。ついでに言うと、フルメッシュのジャケットも買いましたが、使う日がほぼなく、シーズンが終わりそうで泣きそうです。

 

今回は、バイク人生初のまともなバイクグローブを購入した感想です。使用回数は1回で大阪ー和歌山での下道、高速、雨、晴天での使用感レビューになります。

 

1.安価な中華バイクグローブの購入はNG

これは、何度か中華グローブ(1000円~2000円台)を購入して分かったことです。

中華ではないものでも、世間で話題のワークマンのグローブも試してみましたが個人的には、正当なバイクグローブのほうが良かったです。

 

不満点は何点かありますが、個人的に感じたのは以下です。

 

  • そもそもの指の向きがおかしい
  • 手の甲のプロテクターが固すぎて長時間走行してると痛い
  • 通気口みたなのがついてるがダミー

 

1つめは、全部がぜんぶの中華グローブが同じとはいいませんが、手をグローブに通すとだいたいフィットしません、ちょうど指の腹にあたる部分に縫合が重なり、痛かったです。

 

2つめですが、ライダーのほとんどの方は高速なり下道なりで、長時間走行する経験があると思いますが、その際に手の甲のプロテクター部分が固いので、長時間乗っていると、手の甲の骨にプロテクターの圧が掛かり、めちゃくちゃ痛いです。

 

3つめは、ダミーの通気口が付いている夏用の中華グローブです。

思いのほか、風が入らず汗ばんでいたので、無理やりはがしたらただ上に張り付けているだけの飾りでした。

値段が値段だけにそこまでを求めてはダメとは思ってもやはり、気分はいいものではないですね。

ただ、中華製のグローブは見た目は安価な割にかっこいいものがあります。機能性は皆無なんですよね……

 

 

2.購入するならバイクショップ

本来、Amazonなどのネットショップで購入するべきではないです。

店頭で自分の実際の手で、確かめて納得して購入するのがベスト。

 

もし、ネットショッピングを利用するなら、1度購入したことのあるグローブでリピート買いする時か、店頭で確かめた後に、Amazonで購入するかだと思います。

 

正直、中華製品と違い値段は数倍以上としますが、品質もとい、ある程度、安全性が保障されてるものなので、バイク乗る際は多少高くても、正当なバイクグローブの購入をお勧めします。

 

自分もそれで、無駄な出費をしたと今更ながら後悔しています。

 

3.それでも、購入基準がわからない方へ

そんな方は、Youtubeでモトブロガーの方でレビュー動画出している方が多数いるので、好きなモトブロガーのグローブを購入してみるのがいいと思います。

 

自分は、モトブロガーのMikasuさんのレビュー動画より、Fiveのメッシュグローブを購入しました。

値段も5000円台で、バイクグローブを専門に扱ってる会社とのこと。

他の有名ブランドのグローブはわからないですが、手の甲の部分が写真のように力を入れずに折り曲がります。

f:id:yar4-work-on:20200801212411j:plain

 

もちろん、甲の上から強い力で叩いても、問題なく固いです。

f:id:yar4-work-on:20200801212405j:plain

 

 

ちなみに、手の平側の付け根もちゃんと保護されます。

f:id:yar4-work-on:20200801212414j:plain

www.youtube.com



【Anker Eufy RoboVac 11S】 2万以下!! ロボット掃除機を買って2ヶ月使用レビュー

普段はしないが、掃除は気が向いたときに一気にやるそんな人も多いと思ってるZakiです。

2020年の6月より一人暮らしを始め、一人暮らしの部屋ではクイックルーワイパーで十分という情報から、一時はクイックルワイパーで掃除していましたが……

 

結構、替えの紙を買わないといけないのと、掃除が面倒ということもあり、ついに購入し2か月利用したメリット・デメリットを紹介していこうと思います。

 

1.Anker Eufy RoboVac 11S

まず、購入したロボット掃除機はAnker製のロボット掃除機です。モバイルバッテリーを調べたりするとよく出てくるあのAnkerさんです。

 

 

 

この商品を知ったキッカケは、Youtuberのトーマスさんが、ルームツアー動画でちらっと紹介していたので、そこから調べて知った感じになります。

現状価格は18000円ほどですが、クーポンで2000円引きがずっとAmazonの商品ページに表示されてるので、16000円ぐらいで買えるので、最初のロボット掃除機としては手が出しやすいと思います。

 

2.メリット

 

・自ら掃除をする必要がない

・タンク容量が大きい

・掃除時間予約

 

1つめは、ロボット掃除機ということもあり当たり前ですが、人間の手で掃除する必要がないというのは素晴らしいですよね。

ボタン1つで、着替え中や、何か作業しながらなど、なにか他の作業中にロボット掃除機が掃除してくれるのは便利です。

 

2つめは、タンク容量が大きいということです。

製品情報で0.6Lがあり、ロボット掃除機の中でも比較的大きいとのこと。本体の2分の1がタンクって感じです。

 

PS4のコントローラーを横に並べるとこんな感じ

f:id:yar4-work-on:20200801145537j:plain

f:id:yar4-work-on:20200801145541j:plain

f:id:yar4-work-on:20200801145543j:plain

f:id:yar4-work-on:20200801145546j:plain

 

一人暮らしの部屋(1K)ぐらいなら1週間ぐらい掃除して、タンクのゴミを捨てるイメージとなります。取り外しも簡単なので掃除も楽です。

 

 

3つめが、掃除予約ができることです。

このAnkerのロボット掃除機は、付属のリモコンがついており、これで全操作が可能となり、掃除予約もリモコンで行う形になります。

f:id:yar4-work-on:20200801150341j:plain

 

 

予約の設定ボタンは一番下の真ん中にあるメモ帳と時計のマークが書かれているボタンです。

これで、指定の時間に勝手に動き出して掃除してくれます。

意外に便利で、自分はロングツーリングとかで、遠出する際には時間予約でロボット掃除機に掃除してもらうようにしてます。

帰ってきたら、細かなほこりとかが落ちてないのは地味にうれしいです。

 

補足ですが、矢印の上下左右のボタンを押下すると、手動で操作ができるので友人が遊びに来たりしたときに、ロボット掃除機にお菓子を載せて運ぶといった、ラジコンみたいな遊び方もできます。

もちろん、手動で動かして掃除させることも可能です。

 

3.デメリット

・ロボット掃除機のために床の掃除をしておかないといけない

・一部の家電製品を乗り越えようとする

・黒い物体にはよくぶつかりに行く

 

1つめは、結構矛盾していると思いますが、普段やるゴミの掃除とかではなく、床に極力モノを置かないといったイメージです。

もちろんですが、床にモノが多ければ、ロボット掃除機の掃除する範囲が狭くなるので意味がなくなります。ロボット掃除機を動かすときにモノをいちいち上げたり下げたりするのは、正直しんどいです。

なので、購入を検討する場合は、掃除する範囲内には、床に直置きしないことをお勧めします。

 

下記はパナソニックページですが、注意すべき障害物について記載されてるので、もし検討している方は一度読んでみるのが良いかと思います。

【ロボット掃除機】 障害物に衝突することがある - 掃除機 - Panasonic

 

 

2つめは、一部家電というのも自分の場合は扇風機です。

下記の画像をご覧ください。

f:id:yar4-work-on:20200801145059j:plain

これは、段ボールの上に置いていますが、以前は床に直置きしていました。

しかし、ロボット掃除機の乗り越える可能な高さと同じくらいのなので、毎回、扇風機に乗り上げてON・OFFを繰り返すので、結構バカです。

音も無理やり掃除しようとしてガチャガチャとうるさいので、こういうタイプの扇風機がある方は、扇風機を買い替えるか、下に板でも挟んで嵩上げする必要があります。

 

これも補足ですが、ケーブル類(電源ケーブル、充電ケーブル、RANケーブル、イヤホン)が床に置いてる状態だと、ロボット掃除機に巻き込まれて最悪壊れるので、そういうモノは片付けておくことお勧めします。

 

 

3つめは、デメリットというほどでもないですが、結構ぶつかります。

ロボット掃除機自体に、ぶつかった際も大丈夫なような設計にはなっていますが、ぶぶつかると、ゴツンといったそこそこの音が鳴ります。

 

使ってみた感じ、黒いものには、ゴツンゴツンとぶつかりますが、白いものにはセンサーがちゃんと反応して、ぶつかる前に方向転換します。

おそらく、これはセンサーが黒の場合あまり反射されず、吸収されるため、そういった現象が起きているのだと思います。

部屋が黒1色とかの部屋の方は、お気を付けください。

実家暮らしから一人暮らしになってわかったこと

f:id:yar4-work-on:20180415002036j:plain


ご覧いただき、ありがとうございます。当ブログをほそぼそと管理しているツーリング・アニメ好きのZakiです!

 

昨今、コロナウイルスが話題になっている時期に実家暮らしから人生初の一人暮らしへ変えて、約1か月で感じたことを衣食住に分けてさらっとお話しようと思います。

 

1.住居について

まず初めに自分の住んでいる場所は、大阪になります。

最寄りは、京阪沿線で市内へのアクセスは電車で約20分程度です。

 

駅からも徒歩5分ほど、会社へのアクセスも良いです。

 

結論から言うと、家賃はバイクの駐輪代・水道代込みで4万ほどになります。

知り合いから安いと、言われますが個人的にはもう少し安いほうがよかったですが、

この条件だとこの価格帯が最低ラインだと言われたのでここで落ち着くことにしました。

※コロナ時期や新年度ということもあり、あまり時間がかけられないので……

 

で自分が、提示した条件というのが

・バス・トイレ別

・バイクの駐輪が可能

・1K

・洋室

・家賃上限で4万円以下

 

バス・トイレ別は個人的には必須条件です。冬場やとかは我慢できますが、夏場などで、風呂上がりにトイレに行くとサウナ状態になるのでこれが嫌でした。実際に知り合いの家でユニットバスを使ったときに、辛かったのが決め手でした。

デメリットとしては、

ユニットバスと違い、家賃が高くなることが多い、掃除の際に2か所掃除することになるので手間。

おそらくそんなとこでしょう。

 

2つめは、バイクの駐輪が可能であること。

これは単純に趣味でバイク乗っているためですね。

 

3つ目、1Kに関しては、玄関から全部見えるのが嫌なためと、部屋の中にキッチンがあるのが嫌ためですね。

料理とかすると、換気扇回しても熱くなるので……

 

4つめは、洋室、ですが、これも単なる見た目の問題ですね。

ほとんど一人暮らし用の部屋で畳はほとんどないので、ここは余裕でクリアです。

しかし、洋室でもフローリングと、クッションタイプのフローリングだと少し違うのでフローリングがいい人は、不動産の方に聞くのをお勧めします。

 

最後に家賃ですが、結構4万以内はあるのですが、たいていユニットバスやバス・トイレ別でもバイク駐輪が不可のところが多かったので苦労しました。

 

この状態でも、少し後悔しているのが2点ほどあり、次回引っ越す際には値段が張ってでも追加したいものは

・洗濯置き場が家の中

・キッチンが少なくとも120㎝ほどあること

 

引っ越すまでは、気にしなかったことですが、梅雨に入ってつくづくと実感しました。

洗濯したくてもできない、夜遅くに洗濯ができない。

もし、洗濯できても乾燥が中途半端で生乾き状態になり

 

簡単にいうと、洗濯しても服や下着が臭いってことです!

 

これは、結構きついです……

 

2つめは、キッチンです。

自炊する、しないにかかわらず小さすぎるのは手間でイライラします。

ただ、野菜を切ることすらままならないので、キッチンはできるだけ広い、調理スペースが確保できるところをお勧めします。

 

2.食事について

正直言うと、自分は料理ができないです。

一人暮らし前までは、簡単な料理ぐらいならできるだろうと粋がってましたが、無理です。

いずれ出来る、彼女が料理を作ってくれるならお金を払いたいぐらいです。

なので、もう自分は料理をしないことにしました。

 

しかし、料理をしないからと冷蔵庫は小さいものにしなくてよかったと思います。

現在もYAMADA電機で購入した280Lのものがありますが、最初は大きいなと思いましたが、正直もうすこし大きいものが欲しいです。
下記画像は自分が購入した冷蔵庫の新しいモノですが、自分はアウトレットのモノを買ったので5万ぐらいです。

 

 

特にこだわりがなければ、中古とかでもいいですが、Amazonなどのネットショッピングで購入するのは、お勧めしません。

理由としては、設置まで基本的にしてくれないので、全部自分たちでやらないといけないからです。

友達や知り合いが多くて複数呼べるならいいですが、現コロナの真っただ中で呼ぶのも引けると思うので、冷蔵庫や洗濯機を買うなら、店頭で購入することをお勧めします。

Amazonのレビューでも、設置までしてくれたというレビューもありますが、設置もすると書いていても、設置までしてくれなかったというレビューもあるので、あまりあてにすると後で痛い目をみるので、過信は禁物です。

 

3.衣服について

最後に衣服ですが、自分は衣服に対してあまり関心がないため、いつも白シャツに黒のズボンを着てる感じです。

ちょっときっちりした感じにしたいときは、ジャケットを上に羽織って出かけますが、基本は白シャツなので、持ち物としては

・白シャツが6枚

・ジャケット2枚

・ズボン3着

 

あとは下着が上下3着、靴下が6足ぐらいです。

こまめに洗濯すれば正直これだけあれば十分です。

 

白シャツ以外は、適当に古着屋で購入しましたが、シャツはよくミニマリストなどがお勧めしているBeefTとかいうものを購入しています。

値段は2枚で2,000円ほどで下着がなくても乳首が透けないので個人的に重宝してます。

ブログ過去記事のアイキャッチ画像が非表示に!?

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像をGoogleフォトから利用していた可能性

 

記事の編集画面にて、アイキャッチを設定候補一覧が出てきますが、一覧画面で表示された画像をアイキャッチに設定し、更新しても、アイキャッチ画像はない状態になります。

 

アイキャッチ画像を表示させるためには……

 

結構の期間、ブログを書いていませんでしたので、

 

有料会員⇒無料会員

 

に切り替わったって影響もありますが、おそらくはGoogleフォトのほうが原因と自分は断定し、改めて、ほぼすべてのアイキャッチ画像を設定。

 

なんとかすべてアイキャッチを設定しなおすことができました。

 

はてなブログ利用者でアイキャッチが消えた場合は参考にしてください。

クロスカブで四国1周ぶらり旅 ~ 準備編 part 3 ~

ゴールデンウィークの雲行きが怪しく、不安なZakiです。

 

ココ最近ブログを数記事に分けて出しているのは至極シンプルで、一度に多く書けないのが理由です。

キャンプグッズも本来は撮った写真を使うのがいいのですが、

 

スマホ→GooglePhotoにアップ→ブログに掲載!

 

のアップロードに時間がかかるのが面倒で諦めています……

 

最近はものぐさなZakiですが、読んでくれる方はこの先、下も読んでくれるとたまに喜びます!

あー早く行きたいな四国!

 

ホムセン箱をキャンプ仕様に加工

 

Twitterにも載せましたが

上段が23L

中段が46L

下段が46L

サイドバッグが各10Lずつで計20L

合計135Lを積載可能になりました!

 

身長170cmの頭をちょい過ぎるぐらいの高さです。

結構高い(笑)

 

サイドバッグ以外はすべてコーナンで手に入ります!

箱すべて合わせても3000円程度ですが、テントをくくりつける金具や紐、ホムセン箱を固定するロープや木材合わせるとそこそこします。

※追加で3000~5000円位

 

カブにはやはり無骨ではありますが、ホムセン箱が似合いますね!!

 

知り合いにはダサい、カブでツーリング(笑)とか笑われてますが本人がツーリングといえば50ccでも1000ccでもツーリングでありキャンツーです!!

 

と自分は思います。が50ccでツーリング行けるほど土地勘や体力ないので自分は最低でも原二ですが、今後挑戦してみたいです(笑)

 

ランタンスタンド

 持っていく必要がないですが、初使用ということで持っていくことにしました。

商品名通りランタンを引っ掛けるスタンドです

そこまで大きくはなくカメラの三脚よりも小さいのでバッグに入れるにもしんどくありません。

 

ポール自身が軽く細いのであまり重いものは無理そうですが、LEDランタンを吊り下げるにはちょうどいいかなと思い購入した感じです。

値段も2000円程度で割安なところもいい感じですが耐久性が確認できてないですがレビューは一応星4なので期待はしています。

 

利用用途はキャンプ飯をするときの明かりのためですね。

以前鹿児島や長野でキャンプした際は、机にランタンを置いていたからか虫がじゃんじゃん皿や調理中のラーメンに入ってきたのがトラウマでしたので、その対策です。

これで効果があるのかはわかりませんが、ここは試しですね。一緒に蚊取り線香も吊るして頑張ってみようと思います。

 

LEDランタン

 新規に購入したいわゆるポップアップ式のLEDランタンです。

たためば、懐中電灯にもなり広げれば、広域を照らすランタンにもなるというランタン!

 

そして、USBからの充電ができるのとやはり値段です(笑)

ついでにソーラー充電もできるとのことですが、おまけ程度という評価もあるのでメインは充電して使おうかと思います。

一応、スマホも充電可能と書いていますが、容量的には無理があるとおもうのでインカムやアクションカムの充電程度なら可能かと思います。

 

これも実際には利用してないので使ってみてからの感想もいずれ書こうと思います。

 

Part2はこちら↓

 

 

zaki-riders.hateblo.jp

 

クロスカブで四国1周ぶらり旅 ~ 準備編 part 2~

四国一周する日まで残りわずかで仕事中も上の空なZakiです。

 四国行くまでにまだ細かなものを揃えてる最中でてんやわんやです!

 

前回の続きで実際持っていくものと載せていこうと思います。

寝袋

最近は暖かくなってきたので、現在使っている安物でかでかシュラフは流石にこの季節だと暑いので、Amazonで物色……mont-bellやイスカといったお高いブランドはスルーし、最近Youtubeでも出てきたネイチャーハイクという中華メーカー?のものを購入しました。

ちなみにサイズはだいぶコンパクトで寝袋の種類でいうと封筒タイプの寝袋になります。

 

値段も数千円で購入できるレベルでお買い得!即買いでした。

まだ、利用はしてないので四国のときにガッツリ使おうと思います。

 

 

テーブル

今回はホムセン箱をテーブルとして使う予定なので持っていく予定はありませんが、今後購入するとすれば、下記のようなもう少し高さがあるものにします。

 

鹿番長のコンパクトテーブルも結構いいのですが、個人的には高さが足りないので、長くやっていると腰が(笑)

 

タープ

 

天気予報では26日27日が雨との予報だったので今回大急ぎで注文したものですが、正直いるかは不明です(笑)

雨天時の設営や撤収の時に

 

タープ設営→テント設営 雨に当たらず設営ができる!

テント撤収→タープ撤収 雨に極力当たらず撤収ができる!

 

っていうのが、本来の目的ですが本日見てみるとあまり雨ってわけではないので必要ないかな?

 今回買ったのは自分の持っているテントメーカ「BUNDOG」と同じところのものです。

4000円程度でポールもついているのはこれぐらいなので選んだ形ですね。

貧乏ライダーにはこれでも出費はでかいです(笑)

 

前回のPart1はこちら↓

 

zaki-riders.hateblo.jp

 

クロスカブで四国1周ぶらり旅 ~ 準備編 part 1 ~

 

ここ最近暖かくなっているにもかかわらず朝起きるのが億劫なZakiです。

 

今年も早2ヶ月が過ぎすでに3月間際ですが、社会人でワクワクドキドキする待望の10連休GW!!が刻々と近づいています。

 

もちろん、自分の会社も世間同様10連休なのでその間に待望の……

 

 

四国1周!!

 

 

に行きたいと思います!

 

現在の予定ではソロで行く予定ですが、知り合いと合流する可能性もあるので複数人でワイワイする準備も必要かなと悶々しております(笑)

 

そんなことはさておき、四国1周で一番ネックなのはやはり宿泊ですが、自分は基本キャンプ場を使い1周しようかと考えております。

理由は至極シンプルで

 

1.ホテル代節約

2.非日常感を味わいたい

3.ライダー同士の交流を深めたい

 

ここの中でも宿泊代節約が一番ですね。やはりホテルに止まると1泊5000程度と考えて1週間すべてホテル宿泊だと約35,000は貧乏人にきついです……

 

今年のGW初めてキャンプ挑戦しようと考えてる方も是非参考になればと思います!

 

四国1周するにあたっての考え

まず最初にこれですね。

原則宿泊はキャンプ場を使おうと考えているのですが、1周する中には

 

1.キャンプはあくまで節約のため、メインは観光とツーリングスポットめぐり

 

2.キャンプもガチ勢!もちろん観光もツーリングスポットもガッツリ回る!

 

 

自分は1番のあくまで節約の為にキャンプという選択をする感じですね。

2番を選択するには

 

①設営・撤収に時間がかかる

②荷物が増える

③期間がかかる(日数)

 

時間・日数に余裕のある方はいいですが

キャンプガチ装備では、設営・撤収に余計な時間を取られます。

時間が余分にかかると日数も必然的に増えます。

 

特に初めてのキャンプとかする人や、短期間で回りたい場合は最低限の装備でいくことをおすすめします。

次からは実際に自分が持って行く予定の道具や追加予定のものを大まかに書いていこうかと思います。

 

テント

これは、キャンプする上では必須のアイテムです。

なくても不可能ではないですが、虫とかの関係上必要かと思います。

自分が使っているのはBUNDOKのツーリングテントです。

店頭でも売っているところもあるらしいですが、自分はAmazonで購入しました。

価格は約5,000円で価格変動が多いテントの一つになります。

 

自分の身長は170cmほどで体型は普通です。

ホムセン箱やヘルメット、リュックサックを隣においても窮屈になることないです。

ただ備え付きのペグは柔いので財布に余裕があれば別途購入することを推奨します。

※ペグを打ち込む際のハンマーは家になければ100均一のゴムハンマーで十分代用できます。

 

 値段も手頃ですし、安い割にメーカーは日本なので信頼性もあり、Amazonのレビューも良好で、初めてにはモッテコイです!

 

 

自分が最近ほしいなと思うのは下記のワンポールテントになります。

メーカーは覚えていませんが、1万円台で焚き火ストーブ用と思えるような通気口があるがいいですね。

まだ、持ってはいませんがコットン(ベッド)を導入し使いたいなと思っていますが冬が終わるので先送りになっているテントです。

 

現在はYoutuberのモロケンさんの影響で一気に買い占められ売り切れ状態が1ヶ月ほど続いていて追加予定はまだ立っていません。

 

Youtuberの影響力ってすごいです!

 

 

 

 

チェア

自分は持っていく予定ですが、必ずしも必要というものではないです。

キャンプ場で少しでも快適に過ごす場合必要というぐらいです。

チェアで有名なのはヘリノックスのチェアワンですが、正直が値段1万超えるのでお高い(笑)

 

 

 

 

なので自分はヘリノックスもどきの中華製を購入しました。購入時は3,000円程度で、探せば2,000円程度もゴロゴロとあります。

このような組み立て式のチェアは最初は難しいですが、数回こなすとコツを掴むので簡単に組み立てれます。

身長170cm、70kgが乗っても壊れません。

※砂場で使うと自分の体重でチェアの足が埋まります。